当社では全ての調査物件に対して、解析の2段階評価を
行っています。調査後に解析を行い、再度地盤保証会社で解析を行います。

 

調査内容      スクリューポイントを一定回転させ25cm貫入するのに必要な荷重、
          トルク貫入速度を測定・計算処理をすることで連続的に土質を
          推定する。

 

 

調査基準      JHS基準(ベターリビング技術審査取得済み)

 

測定値       静的貫入抵抗        

 

主な用途      土質構成(力学的数値については研究中)
          概略の地盤構成

 

測定方法      機械式

 

使用器具      スクリューポイント・ロッド・載荷装置と回転装置

 

長所        土質の推定が概ね可能、試験装置が小型

 

短所        貫入能力がSWSより若干小さい

 

SDS調査SDS調査

 

 

トップページに戻る