乾式柱状改良工法

 

地中に柱状の改良体を作る工法で、緩軟弱な地番が比較的浅部(2~4m)
に確認された場合に適切な工法です。
残土が少なく費用の面においても比較的安価で施工ができます。

 

1 オーガーにより所定深度まで削 2 材料を混ぜ、オーガーにて攪拌。 3 1~2を繰り返す。逆回転で締め固める

 

乾式柱状改良工法