調査内容       コーンを取り付けたロッドの頭部に機械を用いて63.5±0.5
           のハンマーで50cmの高さから自由落下させて貫入量20cm打
           ち込むのに要する打撃回数を測定することで土の貫入抵抗
           (Nd値)を求める。

 

長所          「N値が30を超える地層」でも測定可能
           標準貫入試験に比べて、測定作業が短時間で実施可能-
           標準貫入試験に比べて、低価格

 

短所         高低差の大きい現場での作業が困難
           地質や土壌は周辺を参考にする必要がある

 

 

ラムサウンディング試験

ラムサウンディング試験

 

トップページに戻る