沈下修復・家引き工事

 

不幸にも建物が下がったり傾いたりした場合、水平に修復することが出来ます。
①土台上げ工法
   基礎はそのままで、基礎上部より上を持ち上げ水平にします。
②アンダーピニング工法
   基礎の下に鋼管等を圧入し、硬い所まで届いたら建物が持ち上がります。
③薬液注入工法
   薬液を地盤に注入し瞬結させ、その圧力により持ち上げる工法です。
④耐圧盤工法
   基礎の下にコンクリート等で盤を作り、ジャッキによって持ち上げます。

 

  ●新築時の地盤改良に比べ、はるかに高額となります。

 

家引き(曳家工事)
   最近では新築が安くなった事、工事費が高額である事、移動するスペース
   が必要な事、等々の要因で少なくなってきました。それでもたまに依頼が
   あります。移動や転回させる事もできます。