地盤調査

ラムサウンディング試験

調査内容
コーンを取り付けたロッドの頭部に機械を用いて63.5±0.5のハンマーで50cmの高さから自由落下させて貫入量20cm打ち込むのに要する打撃回数を測定することで土の貫入抵抗(Nd値)を求める。
長所
  • 「N値が30を超える地層」でも測定可能
  • 標準貫入試験に比べて、測定作業が短時間で実施可能
  • 標準貫入試験に比べて、低価格
短所
  • 高低差の大きい現場での作業が困難
  • 地質や土壌は周辺を参考にする必要がある

ボーリング・標準貫入試験

調査内容
地面に8cm程度のボーリング孔をあけ、サンプラーと言われる鉄の筒を打ち込んで調査。サンプラーを打ち込むために、何回打ったかによって地盤の強さを判断する。
長所
  • 多くの国で基準化され、結果の評価や対比が容易
  • 土を採取し観察が可能
  • N値の利用分野が各種の規準で確立している
  • 過去のデータが蓄積されている
短所
  • 広いスペースが必要
  • 試験時間が長い
  • コストが比較的高い
  • 超軟弱な地盤ではデータの精度が低下しやすい

スクリュードライバーサウンディング試験

SWSとの違いは土質の推定が可能。

調査内容
スクリューポイントを一定回転させ25cm貫入するのに必要な荷重、トルク、貫入速度を測定・計算処理をすることで連続的に土質を推定する
調査基準
弊社独自基準(ベターリビング技術審査取得済み)
測定値
静的貫入抵抗
調査結果の主な用途 ・概略の地盤構成
土質構成(力学的数値については研究中)
測定方法(貫入方法)
機械式
使用器具
  • スクリューポイント
  • ロッド
  • 載荷装置と回転装置
長所
土質の推定が概ね可能、試験装置が小型
短所
貫入能力がSWSより若干小さい

スウェーデン式サウンディング試験

簡易であり、安価である。

調査内容
スクリューポイントを25cm貫入するのに必要な荷重および半回転数を測定することで土の貫入抵抗を求める
調査基準
JIS※ A 1221
測定値
静的貫入抵抗(Wsw、Nswの総称)
調査結果の主な用途 ・概略の地盤構成
  • 換算N値
  • 小規模住宅の地耐力
測定方法(貫入方法)
人力または機械式
使用器具
  • スクリューポイント
  • ロッド
  • 載荷装置と回転装置
長所
試験装置、試験方法が簡単で蓄積データが多い
短所
土質分類に熟練を要する

当社はジャパンホームシールド愛媛店です

FC店だから出来る事が沢山あります。
四国の地盤調査・地盤保証は当社にお任せ下さい。